セラミックで黄ばんだ歯もキレイな歯に大変身!

セラミック治療とは?

ホワイトニングの場合は薬剤の使い方によっては天然の葉に比べて明らかに人工的に白くなってしまうこともありますが、セラミックの場合は天然の歯の白さに近いものを再現できますから、仕上がりがとてもナチュラルです。一度セラミックをかぶせてしまえば、その後は食事などが原因の着色も起こりにくいので同じ白さを半永久的に保っていられます。セラミックの付け方も色々なタイプがありますから、自分の歯に合ったものにするといいでしょう。

セラミッククラウンという方法

セラミッククラウンには、メタルボンドとオールセラミッククラウンとがあります。メタルボンドの方は表面だけセラミックで中身は金属でできています。金属で作られているので普通のセラミックと比べて耐久性があるので割れにくくなっています。金属アレルギーがない人におすすめですよ。オールセラミッククラウンは、歯を削ってからセラミックをかぶせる方法です。割れやすいものの、自分の理想の形や白さをとことん実現できます。

ラミネートべニアって?

歯を削ってかぶせるのではなく、歯の表面に直接セラミックを塗ってしまう方法です。歯を削る量がかなり少ないですし、歯と歯の間のすき間を埋めるのに適しています。ホワイトニングではイマイチ仕上がりに納得いかなかった場合にも便利です。ただ、セラミッククラウンと比べて割れやすいので、力がかかりやすい奥歯には向いていません。従って、上の方の前歯中心に使われることが多いようですね。値段はセラミッククラウンよりも手ごろです。

セレック治療はコンピューターを使用して詰め物や被せ物を作製する事ができ、短時間で作れる所が魅力となっています。